漆器の扱い方法

気軽な扱い方
漆の臭いがする時
  • 納品直後は、漆の臭いが残っている場合は、米のとぎ汁で洗うか、薄めた酢で拭いて下さい。
漆器の洗い方
  • 陶磁器や金属器等硬い物と一緒には、洗わないで下さい。(漆膜に傷がつく場合があります)
  • 手洗いで、柔らかいスポンジか柔らかい布で洗ってください。(中性洗剤は使われてもかまいません)
  • 毎日使う物(箸や汁椀等)は自然乾燥でかまいません。
保 管 方 法
  • 洗った後は、柔らかい布で水気を拭き取り、良く乾燥させてから、暗く湿度の少ない場所に保管して下さい。

 
取扱の禁止事項
洗う時の注意
  • 食器洗い乾燥機類は、ご使用しないで下さい。(変色、変形の原因になります)
  • 長時間水やお湯に浸さないで下さい。(表面の剥がれや変色、変形の原因になります)
  • クレンザー、硬いナイロン、たわしは使わないで下さい。(変色、擦り傷の原因になります)
保管場所の注意
  • 高湿度の場所での保管は、しないで下さい。(素地の木が水分を吸ってしまし、変形する原因になります)
  • 長時間の直射日光や強い光を当てますと、漆膜を傷めるので行わないで下さい。(変色の原因になります)
使用上の注意
  • 電子レンジ、オーブンは、使用しないで下さい。(変色、変形の原因になります)
  • ガラスクリーナー、ワックス研磨剤は使用しないで下さい。(変色、キズの原因になります)
  • 落下やぶつけたりしないで下さい(漆が剥がれたり破損の原因になります)
  • 氷水等極端に冷たい物を入れたり、置いたりしないで下さい。(漆の表面が白っぽくなります)
  • 沸騰仕立てのお湯等の極端に熱いものを入れたり、置いたりしないで下さい。(漆の表面が白っぽくなる場合があります)
トップページへ

 
漆器のアレンジした使い方
お 盆 は・・・ お盆を盛皿として・・・
お盆の型や色によりますが、お刺身や天ぷらの盛皿として使えます。
お持ちのお盆でお試し下さい。
こ ね 鉢 は・・・ こね鉢が・・・

大きすぎないこね鉢(直径30cm位)は、大勢のお客様が来られる時に、サラダボールとして使えます。
菓 子 鉢 は・・・ 菓子鉢が・・・
菓子鉢は、型・大きさによりますが平鉢として、少人数のチラシ寿司や五目ご飯等の盛り付けも出来ます。
銘 々 皿 は・・・
銘々皿を取皿として・・・
取皿として使えます
銘々皿は、和菓子を一人ずつお出しする時に使いますが、型・大きさによりますが取皿としても使えます。その他には、ゼリー、茹でたアスパラやおひたし等を盛り付けもできます。 銘々皿が1品皿に・・・

おひたしやゼリー
等に使えます
片 口 椀 は・・・ 片口椀が・・・
お酒の徳利以外にも「ドレッシング」や「蕎麦のたれ」「蕎麦湯」等の汁物の器にもなりますし、大きさと型によっては片口椀にとろろ蕎麦等の麺類にも使えます。
ぐ い 呑 み は・・・ ぐい呑みが・・・

少し大き目のぐい呑みは、いくらとわさび漬けを盛り合わせたりして珍味入れとしても使えます。
トップページへ