信州の観光地(長野県中信地方)

観光地 コメント 店主の
おすすめ場所
乗鞍高原 高原から乗鞍エコーラインで標高3,000m近くの畳平までは、車で行けます。高原からは畳平に行く途中には、3ケ所の滝があります。日本の滝百選に選ばれている三本滝(高さ5〜60m、幅45m)、滝上や滝下又は橋上からは滝を正面から見ることが出来る善五郎の滝(高さ30m、幅10m)、この中で一番大きい番所大滝(高さ40m、幅15m)を観ながら山頂を目指してもいいかと思います。
善五郎の滝
色々な角度から見られる滝が珍しいからです。
畳  平
(乗鞍高原
の山頂)
善五郎の滝をすぎ、しばらくすると標高が高い為に大きい木が少なくなっていきます。山頂の畳平に近づくと真夏でも至る所に残雪が残っています。畳平では、残雪が多い為、夏スキーを楽しむ人達が必ずいます。山頂から岐阜県側に少し行くと、一面に這松が生えています。這松は、標高が高すぎる為に、上に育たず地面を這うように育つ事から這松と云われるみたいです。
岐阜県側の這松
高原のみで観られる背の低い這い松が一面に生えおり、遠くの山々が眼下に見える景色が最高です。
松 本 城 松本城は、彦根城や姫路城、犬山城にと同じく国宝に指定されています。約400年前に建造された天守閣(五層六階)は、日本最古とされています。
二の丸跡にある民族資料館には、松本周辺の民族や文化に関する資料が展示されています。
大昔に造られた
天守閣
これだけの建物を大昔に作り、なおも壊れずに残っているのはすごい
旧開智学校 昭和38年まで小学校として使われていた重要文化財です。小学校として使われていた建物内に、昔の教科書等の物が展示されています。
松本城のすぐ近く(徒歩5分くらい)にあるので、松本城と一緒に観てもいいかと思います。
教養と知識のない我輩は、おすすめ場所がわかりません。
申し訳ありません。
高ボッチ高原 標高1,665mの高ッボッチ高原には塩尻インターから25分ぐらいで着きます。北アルプスや八ヶ岳連峰、南アルプスに囲まれ、晴れてた日には、富士山が見えるので、アマチュアの写真かも訪れます。6月下旬から7月上旬には、レンゲツツジが咲き乱れます。毎年8月の第一日曜日の草競馬には、多くのポニーが参加いたします。
山頂からの景色
山頂の西側は松本盆地、東側には諏訪湖がみわたせます。
チロルの森 チロル地方の農村をイメージしたテーマパークです。園内では、乳搾り体験牛の乳搾りが体験できたり、犬が羊を追って小屋の中に入れる追い込みショーや羊の毛を刈る刈り込みショウー等色々なイベントをしています。又地ビール工場、ソーセージ工房等もあります。
近くのテーマパークは、いつでも行けると思いつつ、実はまだ、行った事がありません。
申し訳ありません。
美ヶ原高原 標高2,000mの頂上には、美ヶ原高原美術館があり、屋外の13万uには様々な現代彫刻が展示されており、更に、ミロのビーナス(レプリカ)が展示されてあるビーナスの城があります。
天気が良ければ、丸子町等が展望できます。
ビーナスラインを走り、霧ケ峰高原、車山高原にも行けます。
ビーナスラインの
ドライブ
美ヶ原高原、霧ヶ峰高原、車山高原、白樺湖は、ビーナスライン(有料道路)をドライブし、自然の景色を楽しめます。
又、景色のいい場所等至る場所に登山コース(散歩コース)があるので、是非歩いてみて下さい。
霧ケ峰高原 高原植物が多くハイキングコースが整備されています。八島ケ原湿原の周りは、ハイキングコースとして整備されているので高原植物を楽しみながら歩けます。
6月下旬〜7月上旬はレンゲツツジ、7月中旬〜8月上旬にはニッコウキスゲが満開になります。
車山高原 夏はパラグライダーが、冬はスノボーとスキーが盛んな場所です。
この車山高原は、高原を楽しむ場所ではなく、高原でスポーツを楽しむ場所といった感じです。
高原では真夏でも、曇り空や雨の日は気温が下がり20度以下になることがあります。だから、高原に遊びに行くときは、必ず上着を1枚持参して下さい。特に上高地、乗鞍は標高が高いので特に注意して下さい。傘の用意も忘れずに!
観光地の略図
観光地の略図
古澤漆器店