漆器用語
普段は聞き慣れない「呂色、生漆、堆朱」って何?
そんな漆器用語の読み方と説明を簡単にしています。
大勢の方に少しでも理解して頂けると嬉しく思います。
も  く  じ
(うるし) 生漆(きうるし)   精製漆(せいせいうるし)  透漆(すきうるし)
黒漆(くろうるし)  彩漆(いろうるし)
素地
(そじ)
木地
(きじ)
木製(もくせい)  木質(もくしつ)  樹脂(じゅし)
下地
(したじ)
本堅地(ほんかたじ)  渋下地(しぶしたじ)
 
膠下地(にかわしたじ)
上塗り
(うわぬり)
黒塗(くろぬり)  朱塗(しゅぬり)  古代朱塗(こだいしゅぬり)
 
銀朱塗(ぎんしゅ)   洗朱塗(あらいしゅぬり)
 
黄口塗(きくちくぬり)  堆朱塗(ついしゅぬり)  溜塗(ためぬり)
 
木地呂塗(きじろぬり)   呂色塗(ろいろぬり)
 
摺漆(すりうるし)   拭漆(ふきうるし)
 
カシュー塗  ウレタン塗
加飾
(かしょく)
蒔絵(まきえ)  沈金(ちんきん)


漆の木から採取された樹液をろ過した物が漆(生漆)になります。
漆の木は、杉の植林が盛んな頃に伐採され少なくなっています。
生漆
(きうるし)
漆の木から採った樹液に混入しているゴミをろ過して除去したものが「生漆」で、水分を多く含み乾燥が早いために、下地、拭き漆(摺漆)、接着などに使われる。しかし生漆のままでは塗料に適さないために、精製工程を経て精製漆とする。
精製漆
(せいせいうるし)
精製漆は生漆を用途に応じて処理加工したもの。補助剤を加えたりして、各種の塗りに適した種類をつくりだす。精製漆は透漆と黒漆の2種に大別できる。
透漆
(すきうるし)
半透明の精製漆。用途は木地呂塗り、溜塗り、春慶塗り等に使います。
黒漆
(くろうるし)
漆と言えば黒のイメージがありますが、実は黒漆も精製段階で、鉄分と漆の科学反応により作られています。
黒漆と言っても様々ありますが、大きく分けてツヤありとツヤ消しがあります。
彩漆
(いろうるし)
代表的な彩漆は朱(赤)、本朱(朱より黒っぽい)、洗朱(オレンジ色に近い赤)等ですが、全て顔料を混ぜて作ります。技術の発達により白、緑等の様々な色の漆があります。
彩漆にもツヤありとツヤ消しがあります。
素地(そじ) 

素地は木地(きじ)とも言います。材質は大きく分けて、木・木質・樹脂の三種類があります。
木製
(もくせい)
木を加工して作ります。加工方法は挽物(ひきもの)、板物(板もの)、刳物(くりもの)、曲げ物(まげもの)の4種類あります。
挽物・・・材料をろくろに取り付けて、回転させながら削ります。
板物・・・板を組み合わせて作るものです。指物(さしもの)とも呼ばれます。
刳物・・・材料を刃物で刳って作ります。
曲げ物・・・薄い板を曲げて作ります。材料はひのき、杉を使います。
木質
(もくしつ)
「もっかん」とも呼ばれます。木粉と樹脂を混ぜて型で固めた物です。素地代が安価になり、木の感触もあります。
樹脂
(じゅし)
プラスチックで出来ており、メリットは安さと変形しない事です。
もくじへ
下地(したじ)

漆器をより丈夫にする技法です。下地の技法にも何種類もあり比較的多用されている技法は下記の3種類になります。
本堅地
(ほんかたじ)
地粉(じのこ)を生漆と混合した物を木地に塗ります。乾いたら、最初より細かい地粉を生漆と混合した物を塗ります。徐々に細かい地粉を塗り重ねて仕上がります。
丈夫な下地技法により商品に「本堅地」を表記する事もあります。
渋下地
(しぶしたじ)
漆に柿渋や松煙、木炭の粉を混ぜた物を素地に塗ります。
安価に出来るメリットがあります。
膠下地
(にかわしたじ)
膠の溶液に下地粉を混ぜた物を素地に塗ります。
安価に出来るメリットがあります。
上塗り(うわぬり)

漆の上塗りには、沢山の塗り方がありますが、その内の幾つかの説明です。
漆には色々な色がありまが、中には漆に非常に良く似た化学塗料もあります。
黒塗
(くろぬり)
黒漆を塗ります。漆の種類により、ツヤのある呂色に近い光沢がある仕上がりや、ツヤ消しは落ち着いた色合いの仕上がりになります。
朱塗
(しゅぬり)
朱の顔料を混ぜた漆を塗ります。色は真っ赤になります。
古代朱塗
(こだいしゅぬり)
朱の顔料を混ぜた漆ですが、朱漆よりも色が黒っぽくなります。
落ち着いた色合いになります。
銀朱塗
(ぎんしゅぬり)
古代朱と同じ様な色です。
年月をかけて乾いた柔らかい布で毎日拭くと、べっ甲色のような独特の色合いに変わります。
洗朱塗
(あらいしゅぬり)
オレンジ色に近い朱色です。
黄口塗
(きぐちぬり)
洗朱より更にオレンジ色に近い色です。
堆朱塗
(ついしゅぬり)
数色の漆を何十回も塗り重ねます。(漆が乾いたら塗る、又乾いたら塗るの繰り返しです)塗り重ねが終わってから表面を研ぐとまだら模様が出てきます。研ぎ終わった後は、呂色を行いツヤ出しをします。
今の主流の簡易堆朱塗りは、数色の漆の玉を置き、その上から漆を何回も重ね塗りをした後に、表面を平らになるまで研ぐとまだら模様が出ます。研ぎ終わった後は、呂色を行いツヤを出します。
溜塗
(ためぬり)
以外かもしれませんが木地呂塗と似た塗り方になります。、溜塗は中塗に朱漆を塗り、上塗に透漆(黒系)を塗ります。透漆を通して色が透けて見える特徴があります。しかも月日が経つにつれて、漆が透けてきますので、中塗の朱が徐々に見えるようになります。
木地呂塗
(きじろぬり)
木目を生かすために、下塗・中塗・上塗3回とも透漆を塗り、最後に磨き仕上げをして天然木目が透けて見えるようにする。
木地呂塗と同じ様な塗り方で春慶塗りもあります。
木目が見える塗り方なので、素地には欅、栃、檜などが多く使われます。
呂色塗
(ろいろぬり)
上塗りの面を水研ぎし、更に植物性の油と砥粉で磨き、生漆を塗ります。乾燥後に種子油と磨粉を使い磨きます。
呂色は非常にツヤがあり、表面は鏡のように物を映す事が出来ます。
摺漆
(すりうるし)
生漆をはけ等で塗り、その直後に布で摺り込むように拭き取ります。
漆が乾いたら、漆を塗り布で拭き取ります。この作業を10回ほど繰り返すと仕上がります。
拭漆
(ふきうるし)
漆の塗り方は摺漆と一緒です。
何故、摺漆と拭漆の二つの呼び方があるか判りません。
カシュー塗り
(かじゅーぬり)
見た目は漆と非常に似ており見分けが難しい化学塗料です。漆より安価く出来、漆ではありませんのでかぶれる心配はありません。
ウレタンと同じく「代用漆」と呼ばれる事もあります。
ウレタン塗り
(うれたんぬり)
見た目は漆と非常に似ており見分けが難しい化学塗料です。漆より安価く出来、漆ではありませんのでかぶれる心配はありません。
カシューと同じく「代用漆」と呼ばれる事もあります。
当ネット販売では、漆塗り・ウレタン塗り・カシュー塗り・化学塗料(ウレタン・カシュー以外)の表示をしていますので安心してお求め下さい。
もくじへ
加飾(かしょく)

上塗りの表面に施される装飾は主に絵図がメインとされています。
技法は下記以外にも沢山あります。
蒔絵
(まきえ)
漆で絵図を描き、金粉や色付の粉を蒔き筆のような道具を使い金粉等を払うと、漆についた絵図の部分にだけ金粉等が残ります。
蒔絵には、研出蒔絵(とぎだしまきえ)、平蒔絵(ひらまきえ)、高蒔絵(たかまきえ)等の色々な種類があります。
沈金
(ちんきん)
上塗りをした表面に、さまざまな形の沈金刀で絵図を彫り、そのなかに生漆を摺り込み、乾燥するまえに金箔や金紛、色付きの粉を入れます。乾燥後、余分な金粉等を拭きとる。
絵図の彫り方には、面彫り、線彫り、点彫りの技法があります。
古澤漆器店